海になりたい

若手俳優のド新規ゆるいおたく

手紙についてのあれこれ

暑くて死にます。夏を迎える前に夏バテです。

皆さんのを見ていてずっとやりたかった、“手紙”について!

 

手紙、めちゃくちゃ好きです!

ただ、ご覧の通りめちゃくちゃ文章書くの下手くそなんですよね。

 

なんせファンレなんて書くの小学校の時に好きなティーン誌のモデルさんに書いた以来、手紙自体も中学時代に友達と好きな俳優やドラマの語りをルーズリーフに綴って交換していたきりです。

中学時代ってどうしてあんなに手紙交換してたんでしょうね。同じクラスの友達とあんなに毎日会って毎日話すのにどうして手紙書いていたんでしょうか。

 

5月の頭にはじめて推しに手紙を書くぞ!と思い、はてぶろでみなさまの記事をとても参考にさせて頂いているので、被るところも多いかと思いますが…。

 

長くなりましたが、始めます!御手柔らかにお願いします~

 

 

 

▽宛名

△△役

    〇〇さま。

何故か「さま」は平仮名が多いです。

特にこだわりないです。

白いペン買ったから色濃い目の封筒に白ペンで書くのに最近ハマってます。

 

 

▽書き出し

〇〇さま。

こんにちは。本日もおつかれさまです。

□□と申します。

この度は【公演名】ご出演おめでとうございます!

 

こんな感じかな?ちょっとずつ変わるけど。

□□は下の名前だけ。SNSのハンネとかも特にないので、普通に本名の下の名前で最初に名乗ります。

 

 

▽内容

基本事務所に送らないので、初日に入れる手紙は前の出演作の感想書き綴った手紙を結構間が空いて入れる事が多くなってしまいます。

 

そのため、今回の出演作への期待、SNSの投稿のこういうのが嬉しかった!、原作がこういうところ好きだからこういう推しが見られるの楽しみ!!、なんて今回の作品のことを書いたあとに、

「以下【前出演作】の感想を長々と書いてしまいそうなので、お時間ある際に読んでいただけたら幸いです。」

って入れています。なんか違う作品の公演期間に違う作品の話するのがなんだか申し訳ないので…でも書きたい…ってことで、気持ち程度の一文です。や、事務所に送れよ、って話なんですけどね。

 

ここまでで大分書いてるじゃん、と思うのですが、それ以降(観劇した感想)がかなり長いんですよ。文章力皆無のくせに。内容は無い。演技や舞台についての知識もないので、いつも「原作でこのシーン好きだから舞台でああいう風に演じてくれて嬉しかったです」「あのシーンすごい泣けました」なんて舞台の内容やら解釈についての感想をだらだらと書きがち。

 

原作厨してる作品で2次元の推しキャラをやっているときは、「推しが△△を演じてくれて本当に幸せです、△△と向き合ってくれてありがとうございました。」って言うのはしつこいくらい書きました。何回も書いてます。気持ち悪いくらい書いてます。

今思うと何様やねん、って思うので次は書くの辞めようかな…。

 

 

▽締め

次の作品が決まっていればそれに対しての期待してます!たのしみです!なんてことを書いて。

 

「お身体にはお気を付けて千穐楽まで全員で駆け抜けられますよう応援してます。」

みたいな超普通な感じで締めます。

 

あとは字がきたないのとかなり長いので「最後まで読んでくださりありがとうございました。」という一文も入れてるかな。

 

自身の近況報告は基本しないけど、このまえあんまりにも学校のことで参っていた時に推しが頑張っているの見て頑張ろうって思います、学祭辛いけど学祭までに推しの現場たくさんあるから頑張れるます!みたいな事書いちゃった。

 

あ、こんなタメ口で書いてはないです。全部敬語で、推しには「名字+くん」呼びで、漢字間違えとか作中のセリフ出す時は間違えないように…とかも気をつけています。が、いろいろ失礼なことしてそうで出した後も不安です。

 

最後手紙出した日にちと名前書いておわり!

 

▽手紙を出す頻度

基本行く公演は全部出してます。(そんなに行ってないので。)

マチソワ観劇した事ないんですけど、さすがにあの間に書ける気はしません。

  

 

▽手紙の量

3~5枚です。

書いたあとの後悔が半端ない。文章書くの苦手で、読書感想文とかクソくらえみたいなタイプの人間が、こんなにも文字がかけたのは初めてで。最初の手紙書き終えた時、自分でドン引きしました。

推し忙しいので、私の手紙なんかに時間が取られたら申し訳ないなぁ。もっと簡潔な手紙を書けるように今後頑張りたいです。3枚にはおさめたい。

 

 

▽送り主

手紙の最後は漢字でフルネーム。

封筒は名前を平仮名で書いています。

プレボだしちょっと怖いので、住所書いてない。

 

もし郵送するなら全部ちゃんと書きます。

 

 

▽手紙の種類

めちゃくちゃバラバラです。

たまに役や舞台をイメージしたり。

文具、レタセだいすきなので、推しができて文具買う理由が出来たのが嬉しいです。沢山買い溜めてる。

根拠もなく直感で推しに似てるな~って思ったキャラのレタセとか、舞台のイメージ似合うな、って思ったやつもあるけれど、純粋にかわいいな~って思って買ったやつとかが大半。

ただ、可愛いやつ書くところが異様に少ないじゃないですか。下書きの時点で絶対長くなるわ…って時は無印とかのシンプルなやつ。マステとかシール貼ったりして…みたらセンスないので余計にダサくなって考え直している。

 

ペンはジェットストリームの0.38。

 万年筆も1回使ったりしてみたけど、なんせ字が汚いので読みづらさ5割増になったために即やめました。安いしこれでいい。

間違えたらぐりぐりって消しちゃうか、修正テープ。

 

 

▽手紙を書く時間

当日朝です!

マチソワ間に書くのとかむり~とか言ってたじゃん?!とかおもうじゃないですか。

でも、わたしほぼ全部の舞台が夜行バスでの遠征なんですよ。朝6:30とかに東京駅やら新宿に着くんで、マチネまでめちゃくちゃひまです。

そこそこ頻繁に東京に行けば、特にマチネまでやることも行きたいところも無い。暇に付き合ってくれる友人もそんなにいない。(かなしい)

東京に着いたら、マックとかドトールでごりごりと手紙書いています。

iPhoneのメモに下書きしているけれど、若干推敲しながら紙に書く。だからなのか結構かかります。普通にメモへの下書き除いて1時間半から2時間ちょいとかかな。

 

 

▽その他

封をいつも同じモチーフのシールで軽く止めています。

認知はされてないし、認知欲しいとかじゃないんだけれど、、もしこのシールの人から前も手紙貰ったなあ、いつも手紙くれるな、なんて思ってもらえたら、という矛盾した下心です。

 

推しと、もうひとり応援している子(二推しくん)の2人に手紙をだしています。

推しはとくに私信とかないけれど、二推しくんはたまにそれっぽいことくれて、それがとてもうれしい。私にだけ向けている言葉じゃないのはまあ分かってるんだけど、超~自意識過剰だけど、毎回そうやって言葉にして外に発してくれるとね、手紙出して良かった、届いてるんだなあって思えますね。

 

 

▽総括

手紙が長くなる…って嘆いてる割にこの記事さえも思った以上に長くなっていていました。

文章うまくなりたいなあ。

あと、自分の手紙の書き方を振り返って後悔と反省をしすぎ(笑)自己満と言えど推しに失礼のないようにだけは心がけてこれからも手紙を書きたいなと思います。